自己破産

2020年06月04日

No.95 債務整理 ⇒ 生活費の支出が膨らみ破産申立てをした事案

<事案>  依頼者は、離婚後、両親の手助けをうけながら一人で未成年の子を育ててきました。そのために仕事も会社員から自営業へ切り替えて、できる限り時間の融通がきくようにしてきました。しかし、収入が減ったことにより生活は苦しくなり、子が成長するにつれて家計は火の車となりました。また、子育てを助けてくれていた両親も高齢になり... 続きはこちら≫

2020年06月04日

No.94 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件(管財事件)

<事案>  本件では、料理人であった代表者が、飲食店を経営するため株式会社を設立しましたが、当該法人の破産に伴い、連帯保証債務等を負っていた代表自身も破産した事案でした。代表者は、レストランを2店舗構えて営業を行っていましたが、代表者の父親が体調を崩し、看病を余儀なくされたため、経営が悪化し、1店舗を閉店するに至りまし... 続きはこちら≫

2020年06月04日

No.93 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件(法人破産)

<事案>  本件では、料理人であった代表者が、飲食店を経営するため株式会社を設立した法人の破産手続事案でした。代表者は、レストランを2店舗構えて営業を行っていましたが、代表者の父親が体調を崩し、看病を余儀なくされたため、経営が悪化し、1店舗を閉店するに至りました。それでも経営は悪化の一途を辿り、ついには本件破産に至るこ... 続きはこちら≫

2020年06月04日

No.92 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件(破産管財事件)

<事案>  本件は、紳士靴及び婦人靴等の卸を営んでいた法人の代表者の破産手続申立事件でした。当該法人は、長年経営を行っており、当初は順調でしたが、時代ともに業界が厳しくなり、徐々に利益が減少してきました。そこで、起死回生を図るため、当該法人でオリジナル商品を作ることになりましたが、うまくいかず、取引先への支払いや、債権... 続きはこちら≫

2020年06月04日

No.91 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件(法人破産)

<事案>  本件は、紳士靴及び婦人靴等の卸を営んでいた法人の、いわゆる密行型といわれる破産手続申立事件でした。当該法人は、長年経営を行っており、当初は順調でしたが、時代ともに業界が厳しくなり、徐々に利益が減少してきました。そこで、起死回生を図るため、当該法人でオリジナル商品を作ることになりましたが、うまくいかず、取引先... 続きはこちら≫

2020年06月04日

No.90 債務整理 ⇒ 病気になったことで将来を悲観、浪費して破産申立てをした事案

<事案>  依頼者は、健康診断で肺ガンに罹患していることが分かり治療をはじめましたが、完治するのかどうか分からず先行き不透明の中、精神的に不安定な状態が続きました。子どもが一人いたため、元気な間に思いで作りをしておきたいと考え、ディズニーランドへ行ったり、プロ野球観戦が好きであったために一緒に観戦にも行きました。これら... 続きはこちら≫

2020年03月19日

No.88 債務整理 ⇒ 奨学金の返済が困難になり破産申立てをした事案

<事案>  依頼者は,大学入学にあたり入学金及び授業料を日本学生支援機構から借り入れました。卒業後、依頼者は就職活動が上手くいかず無職の状態であったため、夫の援助を得て返済していましたが、夫と離婚することになり返済することが困難になりました。そのような中、同機構より一括返済を求められ、これ以上の返済は困難であることから... 続きはこちら≫

2020年03月19日

No.87 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件

<事案>  主に住宅ローンの返済に行き詰まった結果として,他の債権者からの借入も増えて多重債務に陥り,毎月の返済ができなくなり,やむを得ず破産申立てを行いました。申立人には特に浪費の事情もなかったことから,管財申立てではなく,同時廃止申立てという形で進めていきました。 <結果>  債務が増えていった原因の部分については... 続きはこちら≫

2020年03月19日

No.86 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件

<事案>  事業をしていた頃の事業資金の多額の借入れについて,事業が縮小される中,利息分を返すぐらいしかできておらず,債務の完済はもはや不可能だろうと思える事案でした。この事業資金の借入れにあたっては,自宅に担保権を設定していたこともあり,破産に際しては,自宅を出て売却を目指すことになりました <結果>  自宅を任意売... 続きはこちら≫

2020年01月30日

No.85 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件

<事案>  離婚に伴う精神的ショックなどから,複数の消費者金融から借入れを行った結果,多重債務に陥り,毎月の返済ができなくなり,やむを得ず破産申立てを行いました。申立人には特に財産もなく,特に浪費の事情もなかったことから,管財申立てではなく,同時廃止申立てという形で進めていきました。 <結果>  債務が増えていった原因... 続きはこちら≫

2020年01月30日

No.82 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件

<事案>  内縁の夫による依頼者様名義のクレジットカードの使い込みにより,多重債務に陥り,毎月の返済ができなくなり破産申立てを行いました。また,依頼者様は,一人で暮らす自宅を所有していましたが、これがローンの付かない価値のあるものであったことから,財産を一定程度有する方の申立てということになり,管財申立てということにな... 続きはこちら≫

2020年01月23日

No.79 債務整理 ⇒ 手取月収が少ない中で生活費とギャンブルにより返済不能になった事案

<事案>  依頼者は,手取月収20万円の中、何とかギリギリの生活をしていました。しかし、生活費が不足した場合は銀行のカードローンや消費者金融から借り入れて補填していました。また、仕事で夜勤が続いた際のストレスを発散のために、唯一の趣味と言っていいパチンコにのめり込み、40年近くの間に500万円程を費やしました。負け込ん... 続きはこちら≫

2019年10月15日

No.76 債務整理 ⇒ 結婚生活がはじまるのを機に破産を決断された事案

<事案>  依頼者は,社会人となり生活費や交際費等への支出に必要性を感じてクレジットカードを作りました。当初は、生活費や必要な交際費のみに支出していましたが、そのうちに美容関係の買物、外食等の決済に利用するようになりました。それにより毎月の返済金額が増えていきましたが、何とか返済していました。しかし、転職後に給与が下が... 続きはこちら≫

2019年10月15日

No.75 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件

<事案>  本人の転職や病気がちの母の生活費援助のため複数の消費者金融から借入れを行った結果,多重債務に陥り,毎月の返済ができなくなり,一旦は他の法律事務所で任意整理を行いました。しかし,任意整理後の返済も長続きせず,やむを得ず破産申立てを行いました。申立人には特に財産もなく,浪費等の事情もなかったことから,管財申立て... 続きはこちら≫

2019年09月18日

No.71 債務整理 ⇒ 見知らぬ土地に転居したストレスによる浪費で破産することとなった事案

<事案>  依頼者は,近畿地方圏外で生まれ育ち就職して生活していましたが、仕事を辞めて転職するまでの間に生活費不足から借り入れをしました。その後、比較的収入のよい職に就き生活も安定してきましたが、職場が閉鎖されることになり系列店である近畿地方の店への移動を余儀なくされることになりました。そこで、慣れない土地でのストレス... 続きはこちら≫

2019年08月26日

No.70 債務整理 ⇒ 破産手続開始申立事件

<事案>  夫が仕事を転々としたり、自身も無職期間があったために、多重債務に陥り、毎月の返済ができなくなりました。そこで、弁護士に依頼し、破産申立てを行いました。特殊事情として、ご本人または夫がギフト券や商品券をクレジットで購入し売却して換金するという行為を行っており、これが免責されるか否かに影響を与えうる事案でした。... 続きはこちら≫

2019年07月18日

No.67 債務整理 ⇒ 申立人は会社の代表で、当該会社の店舗の明け渡しに、多額の費用を要した事例

<事案>  申立人は、リラクゼーションサロンの経営を目的として、平成22年2月に設立された会社の代表でした。具体的な業務としては、店舗を構えて、お客様に対し、エステ等のリラクゼーションサロンを提供するというものでした。しかし、会社は、大規模な内装工事を行って店舗を移転したにもかかわらず、顧客数が大狭に減少し、赤字経営が... 続きはこちら≫

2019年07月01日

No.60 債務整理 ⇒ 生活費不足や勤務先の給与遅配が重なり破産することとなった事案

<事案>  依頼者は,高齢の母とお二人で生活されていました。少ない給与の中から大半を家計へ組み入れて何とか生活をされていましたが、勤務先の給与遅配が常態となり債権者への借り入れにより工面していたところ、それも限界に達して破産を申立てることとなりました。   <結果>  お母様の協力を得て家計に関する資料を提出することも... 続きはこちら≫

2019年05月09日

No.56 債務整理 ⇒ 育児ノイローゼからギャンブル依存になり、破産することとなった事案

<事案>   依頼者は,婚姻中にDVを受けていた元夫と離婚後、幼い子二人を女手一つで育てていましたが、育児の大変さからパチンコ店へ通うようになり、パチンコ依存になりました。子どもが成長したこともありパチンコ依存からは抜け出しましたが、今度はひざの骨軟化症を患って思うように働けなくなり生活費の捻出に苦労するようになりまし... 続きはこちら≫

2019年05月09日

No.55 債務整理 ⇒ 二度目の破産となった事案

<事案>   依頼者は,10年近く前に破産されていて今回二度目の破産となりました。二度目の破産となった原因は、勤務先の上司からパワーハラスメントを受けたことにより精神疾患となって退職し、その後も満足に働けなくなったために生活費不足に陥り、債権者から借り入れを行ったためです。 <結果>   免責許可を得ることができました... 続きはこちら≫

2019年03月18日

No.46 債務整理 ⇒ 病気やケガによる入院で生活が立ちゆかなくなり破産申立てした事案

<事案> 依頼者は,持病である特定疾患(クローン病)により断続的に入院や通院をしており,また,その間にアキレス腱断裂なども重なって仕事を休業せざるを得なくなり,生活費や治療費の返済に困るようになりました。そのときは自転車操業になりながらも何とかやり繰りをしていましたが,万一,休業から退職することになった場合にすぐに転職... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.16 自己破産 ⇒ 男性に騙された借金を負った事例

<事案> 相談者Fさんは,3年程前に知り合った男性(X)に騙され,株式投資のための借入をおこない,債務を負うに至りました。Xと音信不通になってしまった相談者は,返済困難となってしまいましたが,自己破産をするには,多額の債務を負った時期が最近であること,借入の目的が破産法にいう免責不許可事由に該当しうる可能性を秘めていた... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.15 自己破産 ⇒ 会社の商品を横領した事例

<事案> 勤務先での商品を質に入れ,そこで借入れた金額をローンの返済等に充てていたけれども,当該事実が会社に発覚し,会社に対して与えた損害約2000万円の賠償を求められたことにより,破産することとなった事例です。 相談者Uさんは会社の財産を流用し,損害を与えたことにより,退職を余儀なくされました。従来と同じくらいの収入... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.14 自己破産・自然人管財 ⇒ 自動車を処分せずに残したまま解決できた事例

<事案> 住宅ローンと他社債務の合計が約2000万円あり、主な資産として評価額約80万円の自動車を有していたところ、生活していくうえで車が必要でした。その要望を実現するため車を残すためにあえて管財事件として自由財産拡張申立てを行い、自動車を処分せずに残したまま、無事破産手続きを終えることができました。 相談者のSさんは... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.13 任意整理 ⇒ 自己破産を途中で任意整理に変更し解決出来た事例

<事案> 当初破産を予定していましたが,債権者のうち過払い金が発生しているものがあったこと,過払い金と自宅の評価額を合わせると債務額を上回っていたこと等により,任意整理へ方針変更しました。 方針変更後は, ①債権調査を行い,債権者の整理。 ②過払い金が発生していた債権者は,随時回収する。 ③不動産の任意売却のための手配... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.11 債務整理・自己破産同時廃止 ⇒ 3740万円の債務縮減が出来た事例

<事案> 債務の大部分が住宅ローンと保証債務を占めており,本人の実質債務としては約100万円とちょっとであったものの,保証をしていた主債務者である妻との離婚を原因に妻が破産することとなったため,道連れで破産することとなった。 保険の解約返戻金が約130万円あったが,「按分弁済」を行うことで無事同時廃止の決定が下り,免責... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.7 自己破産申立 ⇒ 財産が99万円を超えていても,管財事件とならなかった事例。

<事案> Gさんは,当初結婚していた妻と離婚する際に,妻が破産することとなったため,妻のローンで保証をしていたGさんも破産せざるをえなくなりました。 しかも,Gさんの資産には,住宅ローンで購入した家や,保険の解約返戻金が約130万円ありましたので,管財事件となる可能性が充分ありました。 しかし,Gさんには,今回の破産手... 続きはこちら≫

2015年06月30日

No.4 自己破産申立  病気のため返済ができなくなってしまった事例

<事案> Dさんは、適応障害にかかってしまい、仕事ができなくなってしまったため休業が余儀なくされました。 そのうち、借入先(債権者)の1社から支払督促を申し立てられてしまいました。さらに別の債権者からも、訴訟を提起する旨の通知書が送られてきていまい、ますますストレスが掛かってしまい、混乱状態に陥ってしまいました。 預貯... 続きはこちら≫

0120-115-456 受付時間 9:00〜18:000